アロマスクールラヴァーレ

2006年11月12日

グレープフルーツ(Grapefruit)

英名:Grapefruit
学名:Citrus paradisi
科名:ミカン科
産地の例:アメリカ、イスラエル、ブラジル
抽出部位:果皮
抽出方法:圧搾法
成分の一例:リモネン、ヌートカトン

特徴:感覚が敏感になったり気分が開放されたり、積極的になるので拒食症の治療に使われることがある。
リンパを刺激し、体内の水分を循環を促し肥満解消、予防に良いとされています。血行促進、肌にはりを持たせる。
入浴時に使いすぎると、肌に刺激があるのと光毒性があるので使用した部分を直接紫外線にさらさないように注意が必要。
posted by bon at 10:37| 精油(検定1級の対象) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アロマスクールラヴァーレ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。