アロマスクールラヴァーレ

2009年12月27日

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、自然療法の一つで『アロマ=芳香』『セラピー=療法』という意味です。
花や草などの植物から抽出される天然の芳香成分、【精油(エッセンシャルオイル)】を用いて、
心と身体のバランスを整え人間本来の自然治癒力や抵抗力を高めるものです。
「アロマテラピー」とはフランスの香水研究所の化学者ルネ・モーリス・ガットフォ
セが、名付けた造語で1937年には同名の本を執筆しています。

フランス語で「アロマテラピー」、英語では「アロマセラピー」と言われています。
「アロマテラピー」という方が日本では一般的ですが、英語読みの「アロマセラピー」は本来の
正しい発音に近く、医療の世界では「アロマセラピー」に統一されているそうです。
フランス、ドイツ、ベルギーなどではアロマセラピーは医療行為のひとつとして定着していて精油は医薬品と同様に扱われ、品質についても細かな規定があります。
posted by bon at 20:47| アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

フランス式とイギリス式

「フランス式」と言われるアロマテラピー
フランスでは、医師を中心に医療現場で生まれ、自然療法のひとつとして捉えられています。
精油は、医師の処方により、ブレンドされ、皮膚塗布、経口投与、座薬など、健康保険に適用される医薬品として使われていています。これが「フランス式」と言われるアロマテラピーです。

「イギリス式」といわれるアロマテラピー
精油の取り扱いに関する制約があるフランスから少ないイギリスに渡ったマルグリット・モーリー女史が、精油を植物油に希釈してマッサージする方法で美容やストレス解消、癒しを目的とするアロマテラピーです。
今回私が勉強しようと思っているアロマテラピー検定はイギリス式です。
posted by bon at 17:54| アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の病院でのアロマ

日本では、1985年にイギリスのロバートティスランド著「芳香療法 理論と実際」の訳本が発売されたことから、イギリス式が中心に普及したようです。
日本でも最近、フランス式が注目されるようになってきましたがまだ医療として認められていません。ですが、心療内科や精神科、産科や婦人科、診察室にエッセンシャルオイルの香りで患者のストレスを軽減させる病院もあるようです。
posted by bon at 16:57| アロマテラピーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アロマスクールラヴァーレ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。